>  > 何年に一人の風俗嬢だろう

何年に一人の風俗嬢だろう

よく「何年に一人の美女」とか言うじゃないですかね。1000年に一人の美女とか一万年に一人の美女とか。もちろん統計学的な意味ではなくてそれだけ可愛いってことを強調したいって話だと思うんですけど、彼女に関しては本当に物凄い美人でした。彼女であれば1000年に一人とか言われても思わず納得してしまうような美人ですかね。思わずあの表情には気後れするレベル。風俗なのに、自分が相手で良いのだろうか…みたいな気持ちになってしまうような風俗嬢なんです。それなりに風俗を楽しんでいるんです。まさか風俗で気後れすることになるだなんて思いもしないじゃないですか(笑)それなのに気後れしてしまいました。まさかあそこまで気後れするだなんて自分でも思っていなかっただけに、本当にびっくりですよね。でもそれくらいの価値があるというか、彼女のことを考えたらそれも頷けるかなって思いました。それくらい彼女はハイレベルな女の子だったんです。

気になる子が多いからこそです

最近風俗に気になる子が増えてきたような気がするんですよね。前はそこまで多くはなかったような気がするんですけど、最近はホームページをみていても思わず目が留まるような子が多いんですよね。男としては嬉しい限りではあるんですけど、ただ迷うのも事実ですね(笑)嬉しい悲鳴ではあるんですけど、誰にすべきかでかなり悩まされることも多いんですよ。だから自分としても、風俗っていろんな選択肢があるものだなってことに気付かされています。むしろようやく風俗の奥深さを理解出来るようになってきたのかなって思うんですよね。いろんな判断材料がありますけど、どの子もそれぞれ良いなって思えるんですよね。だから結局のところ、風俗では直感に任せて女の子を選ぶようにしています。じっくりと考えれば考えるほど、一人に絞るのは難しいんじゃないかなって思うんですよ。一人を選ぶってことは、選ばない子もいるってことなので、これだけレベルが高い子が多いと難しいですよね。

[ 2017-06-08 ]

カテゴリ: 風俗体験談